家計判定法を元に借金を上手に管理

あなたの家計は大丈夫?

借金を上手に管理できる家計にすることが、借り入れたお金を上手に完済するこつです。
ローンなどでお金を借り入れても、毎月の収入でうまくお金をやりくりできる家庭と、ほとんどお金が残らない家庭、マイナスになってしまう家庭の三つに分かれます。

家計タイプ判定法

このうち、自分がどの家庭に当てはまるのかは、一ヶ月の収支から簡単に割り出すことができます。
収入は税金や保険料などを差し引く前の額ではなく、必ず手取りで計算します。
また、共働きの場合は二人の手取り収入を合算した額から計算します。
支出には、光熱費や通信費や教育費、雑費、ローンの返済などが含まれます。
手取りの収入からこれらの支出を差し引いた額がプラスになるかマイナスになるかで、自分の家庭がお金をうまくやりくりできるタイプかどうかがわかります。

収入から支出を差し引いた額がプラス

収入から支出を差し引いた額がプラスであれば、ローンなどを返済しながら貯蓄も増やしていくことが可能になります。
貯蓄を増やしたいときは、さらに家計を見直すとうまくいきます。

収入から支出を差し引いた額がイコール

プラスの額がほとんどない場合は、すぐに家計を見直す必要があります。
このような家計では冠婚葬祭などの急な出費があったときに赤字に陥ってしまう可能性が大きいからです。
こういった家庭は支出を厳しく管理し、徹底的に無駄をなくしていくように心がけましょう。

収入から支出を差し引いた額がマイナス

収入から支出を差し引いた額がマイナスになっている場合は、債務整理をすることも考えた家計の管理をする必要があります。
このような場合は一人で悩まずに弁護士などの専門家にすぐに相談しましょう。専門家に相談をすれば、家計をプラスの方向に近づけるための的確なアドバイスをしてもらうことができます。
これに加え、節約をするように心がければさらに家計をプラスの方向に近づけられます。