多重債務に陥ったら債務整理の相談を!

今の日本の現状でも多重債務がニュースになります。

多重債務に陥って自殺する、そういった人が実際にいらっしゃいます。
そんなニュースが流れることもありますが、なぜ首が回らなくなるまで借金を重ねてしまうのでしょう。
人が借金をするにはさまざまな理由があります。
しかし多重債務に陥る方はたいてい以下のようなパターンです。

多重債務のパターン

借金を返すために借金をするといった、もっとも最悪なパターンがまずあげられます。
最初は一瞬だけ借りてすぐに返すつもりでも、借りたら最後、気持ちが変わります。
新たに利用限度枠が数十万円分、広がってしまうことで、気持ちが大きくなってしまうのです。
安心しきっているうちに、金利が膨らみ、いつのまにか借金が膨れ上がってしまいます。
手持ちの現金をかき集めて対処しようとするのですが、それでも足りなくなります。
最大限、売れるものは売り、または弁護士等に債務整理の相談を持ち掛けて、きちんと完済することが大事です。

借金地獄に陥る典型パターン

借金が怖いのは、一度でも返済が滞ると、次からは金利が高くなってしまうことです。
最初は誰でも小さな借金からはじまります。
きちんと返済できているうちは問題ないのですが、いったん返済が滞ると、通常は同じ金融機関ではお金を貸してくれなくなります。
もちろん新規の借り入れができなくなっても、過去の借金が帳消しになるわけではありません。借金を返すために新たな借金をするという負の連鎖がはじまります。

どんどん借りにくく、返済しにくくなる

この段階では、同等ランクの金融機関でもお金を貸してくれなくなる可能性が高くなっています。金融機関同士は信用情報を共有しているため、返済能力に問題ありとされた人はわかってしまうからです。
すると、借りる金融機関のランクを下げて、審査が緩やかな代わりに金利が高いところでお金を借りることになりますが、金利が高くなれば、それだけ借りるのがむずかしく、返済も滞りがちになります。
それが続くと、法定金利で貸してくれる金融機関がなくなり、違法と知りつつも闇金業者から非常に高い金利でお金を借りるようになってしまうのです。
このような負の連鎖を断ち切るためにも、最初の借金で滞納しないようにして、早い段階で債務整理を視野にいれた相談をすべきです。