債務整理の特徴を理解しよう

おまとめローンの活用は万能ではない

借金が多数ある場合は利息の支払いだけでもかなりの負担ですが、返済を楽にするために複数の借金をまとめる方法なども注目されています。
ただこのおまとめローンを活用した方法では月々の利息は抑えられても元金が減らせているわけではありません。
利息の減額だけではまだまだ完済は厳しいという場合は、債務整理で大幅に借金を減らすことも考えてみましょう。

債務整理という解決策

債務整理は借金問題解決に有効な方法ですが、それぞれ違った特徴を持っています。
かなり厳しい状態の場合は自己破産を選ぶことも多く、この方法なら手続きを行い免責が下りるとすべての借金の返済は免除されます。
そのかわり価値のある財産を持っている場合はそれを手放すこととなりますし、制限が出る職業の人の場合は仕事への影響もよく考えて行う必要があります。

任意整理、民事再生などの解決策

大事な財産は守りたい、職業の制限を受けたくないという場合は任意整理、民事再生といった方法にも注目してみましょう。
住宅ローンを支払っている場合は民事再生を選ぶと住宅ローン意外の借金は大幅に減額され、住宅ローンは今までのように支払っていきますのでマイホームを手放さずに済みます。

任意整理はスピード重視

民事再生の場合は裁判所の手続きが必要ですが、任意整理の場合は裁判所を通さないことが特徴で債権者と直接交渉しながら借金を減額することを目指していきます。
民事再生や自己破産ほど大幅に減額できるわけではありませんが、裁判所の手続きがありませんので、よりスピーディーに手続きが進められること、整理したい借金を選ぶこともできます。
任意整理の場合も民事再生の場合も減額された借金は3年程度で完済を目指していきますので、安定した収入があることが大切です。
債務整理の手続きは知識がないと難しいことも多いですが、弁護士や司法書士などに依頼するとよりスムーズで、請求や取立てなどもすぐに止めることができます。